不動産投資をはじめよう|初心者に向いているマンション投資

マンション経営の良さ

集合住宅

不動産投資は特殊な知識やスキルが無くてもできるため、初めての人でも気軽に始められます。そのため、マンション経営を今後の収入にと考えている人も多いです。しかし、投資する建物の種類によって初期費用が変わってくるので、計画的に予算を積み立てないといけません。その中でも、マンション経営とアパート経営の違いが分かりにくいと思っている人もいるでしょう。マンション経営は、マンションを1部屋買って人に貸し出すことで収入が入ります。マンション経営の場合は、比較的予算が安く済むので、すぐに始めることができます。しかし、部屋が空室になってしまうと家賃収入が無くなってしまいます。一方アパート経営は、アパートを1棟丸ごと買って賃貸に出す投資方法です。アパート経営は複数の部屋を賃貸に出すので、1部屋が空室になっても収入が減るので受けるダメージを分散できるのです。しかし、アパート経営1棟を購入する予算も大きく、管理費もかかります。また、アパートの立地条件や室内の設備によっては入居者が集客できないこともあります。したがって、アパートを選ぶ際には少し慎重になるといいでしょう。

マンション経営もアパート経営のどちらにも共通のしているメリットがいくつか存在します。それは、土地を持っていなくても資産運用ができることです。そうすることで、建物の建設費用がかからないので、より低予算で不動産投資ができます。ですが、土地を購入してから建物を建てた場合にもいくつかのメリットがあります。まず、最初から室内の設備を決めることができます。そのことで、より集客の見込める内装にすることが可能です。また、新築の建物なので、入居者が集まりやすく、建物が老化したことによる修繕工事などの資金をある程度貯蓄することもできます。