不動産投資をはじめよう|初心者に向いているマンション投資

メリットの多いサブリース

つみき

不動産投資を始める際には、いくつもの不安があります。そのひとつが空室のときに収入が減ることにあります。そんなときには、入居者の募集をしてくれる不動産をさがすときに、サブリースができるか確認することが大切です。サブリースとは、又貸しや転賃のことで、物件の所有者から不動産会社が物件を借り、それをほかの人に貸し出すことでした。ですが今では、不動産運用のプロに任せたい物件の所有者が、物件を任せっきりにすることで、定期的な家賃収入を得るために広く利用されている方法として使われている言葉です。サブリースを扱う不動産会社のほとんどが物件の長期借り上げや一定期間の空室だった場合の家賃保証などのサービスを行なってくれます。そのためには、いくつもの手続きが必要です。また、不動産会社が倒産してしまったときにも複雑な手続きがあるので、サブリースを利用するときには不動産会社の見極めが大切です。サブリースのほとんどに家賃保証のサービスが付いています。そのことで、空室のときの収入や家賃滞納などのトラブルを回避できます。ですが、物件の家賃の設定は不動産会社が行ないます。また、サブリースを契約すると、不動産会社に契約費を支払わないといけないので、家賃の全額が手元に入るわけではありません。サブリースを契約すると、自分の手元に敷金や礼金は入ってきません。ですがそのお金で、入居者が立ち退くときや新しい入居者が来たときのクリーニングを賄ってくれるところもあるので、物件の管理のために自分の時間を割くことがないのも特徴です。