不動産投資をはじめよう|初心者に向いているマンション投資

マンション管理会社を選ぶ

男女

マンション経営を始めるときには、マンション管理会社に入居者の集客を依頼することでより、簡単に収入が見込めます。そのときには、より良いマンション管理会社を見つけることが大切です。また、管理方法によっては会社の選び方も変わってきます。その方法を紹介していきます。ひとつ目は、一般媒介です。これは、大家さんが物件の管理を行ないます。そして、複数のマンション管理会社に物件の入居者の募集を依頼します。このときに、集客の特化しているマンション管理会社を選ぶ事が重要です。そうすることで、より多くの入居希望者の目に触れます。マンション管理会社の中には、色々な会社に募集依頼を出す管理人は煙たがられる傾向にあります。これは、担当の人とも上手くコミュニケーションをとることで回避できます。ふたつ目は、専任媒介です。これは一般媒介と同様に、物件の管理を大家さん自身が行ないます。ただ違う点は、1社に入居者の募集を依頼することです。そのことで、マンション管理会社と信頼関係が築けるので、トラブルがあったときも親身に対応してくれます。部屋数の少なく、マンション経営のはじめての人は、この方法をするといいでしょう。三つ目が、集金専門専任媒介です。この方法は、マンション管理会社に入居者の募集だけではなく家賃の管理などの入居者の管理を依頼します。そのことで、月々の家賃の管理や入居者が立ち退くときの敷金の精算などさまざまな業務を任せることができます。また、マンション管理会社によっては家賃の滞納保証などの追加のサービスを行なってくれるところもあります。最後は、家賃保証タイプです。これは会社によって名前が変わりますが、会社側が一定期間の家賃を保証してくれるのです。
これらのサービスを参考にして、より良いマンション管理をしてみてください。